So-net無料ブログ作成
検索選択

新入生⑦ [2009年度新入生]

ドラフト7位:堀 正樹(秋田工業)

【自己ベスト】
1500m:
5000m:14'25
10000m:29'44
3000SC:

間があいてしまったが、続きを書こうと思う。

ドラフト7位の堀。
7位というのはあくまでトラック5,000mでのランキング順であり、ロードでは3位、いや10Kmを越える距離に関して言えば、田中を上回りドラフト2位という見解もある。トラックは5,000m、10,000mとも高校2年生時のものであり、3年時は、名門秋田工業の主将となったことが重荷としてあったのか、今一伸び悩んだ(2年時の10,000m29'44が立派すぎるだけか)。だが、トラック以外では、どのレースでもそれなりの結果を残し、暮れの都大路、都道府県駅伝、そして先日の千葉クロカンと安定してまずまずの成績であった。
本人も指導者も、「トラックよりロード向き」との意見が多く(最近の順大新入生としては珍しい?)大学入学後もロード、特に長い距離で期待がもてそうだ。


【村澤基準値】

+1分00秒

※村澤基準とは・・・世代トップの力を持つ佐久長聖の村澤君とロードの10Kmを走った場合、どの位のタイム差があるかを、独断と偏見及び独自の調査で指数化したもの。

新入生⑥ [2009年度新入生]

ドラフト6位:有馬 啓司(鹿児島商業)

【自己ベスト】
1500m:3'50
5000m:14'24
10000m:30'35
3000SC:

IH1500mの入賞者。国体では10000mも経験しており、同じ新入生でIH1500m2位の佐藤よりは距離の融通もきくっぽい。
先日の都道府県駅伝では、4区14’55で20位と案外の走りだったが、本来なら1区や5区を任せられる選手だけに、調子を落としていた可能性もある。
トラック、ロードとも堅実に走るイメージがあり、これから伸びる可能性大だと思う。
1年目は、インカレ1500mの枠を上記の佐藤や渡辺(現2年生)らと争う事になると思うが、是非結果を出して、一気に主力に入って欲しいと願う。


【村澤基準値】

+1分25秒

※村澤基準とは・・・世代トップの力を持つ佐久長聖の村澤君とロードの10Kmを走った場合、どの位のタイム差があるかを、独断と偏見及び独自の調査で指数化したもの。

新入生⑤ [2009年度新入生]

ドラフト5位:仁木  崇寛(西脇工業)

【自己ベスト】
1500m:
5000m:14'20
10000m:
3000SC:9'09

改めて今回の補強っぷりは凄いと実感させられる。14分20秒で5番手って。。。
2006年度 関戸(14'21)
2007年度 岡部(14'18)
2008年度 唐川(14'17)
過去3年のドラ1と遜色ない実績のドラ5。

メジャーな駅伝では、ほとんど2区3Km区間だったが、ほぼ8分20~25秒、区間3位以内でまとめている。この成績は素直に凄いと思う。

西脇だから2区だが、都の大路20番手くらいの高校であれば、間違いなく1区ないし3区を任せられただろう。先日の地方の駅伝でも1区10Km区間を30'18で粘っている(1位谷口(日大)29'44/4位渡辺(西脇工)29'59)。

距離を伸ばす練習をすれば、ロードの長い距離でも山崎までとは言わないが、田中とならいい勝負できるのではないかと思っているくらい、実はこの仁木の伸びしろが一番あると思っている。

あとなんと言っても、名門高校の主将が入部してくれるということに大きな効果が見込めるはず。
西脇の主将を任せられるくらいの人間であれば、仁木を慕っている後輩たちもいるはずで、彼らが順大を希望してくれるってこともあるしね。難波←松岡ラインみたいな。それに2つ下の弟も西脇工業にいるっぽいし。。。

まずは、3障やるのかな?とにかくインカレ、全日本予選会に出場できるようにがんばってほしい!


【村澤基準値】

+1分20秒

※村澤基準とは・・・世代トップの力を持つ佐久長聖の村澤君とロードの10Kmを走った場合、どの位のタイム差があるかを、独断と偏見及び独自の調査で指数化したもの。

新入生④ [2009年度新入生]

ドラフト4位:佐藤 優太(熊本工業)

【自己ベスト】
1500m:3'46
5000m:14'17
10000m:31'59

今年度のインターハイ1500m、日本人トップの成績。
熊本工業といい1500mといい井野とかぶる。ロードと長い距離に不安があるところまでソックリなのかな。。。
10000mのタイムや駅伝、クロカンの成績を見た限り、現状では5000mまでが限界か。
新入生の数を見ると、もしかしたら、駅伝はやらないという前提なのかも。トラックの中距離だけに絞る可能性が高そう。
現4年の山崎みたいに距離を伸ばしてみたら、オールマイティーに強くなったというパターンもあるから一概に1500m専門が良いとは言えないが。。。まぁ1年目から駅伝は無理っぽいので、しばらくは1500m一本でインカレ表彰台を目指して頑張ってほしい。


【村澤基準値】

+2分45秒

※村澤基準とは・・・世代トップの力を持つ佐久長聖の村澤君とロードの10Kmを走った場合、どの位のタイム差があるかを、独断と偏見及び独自の調査で指数化したもの。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。