So-net無料ブログ作成
検索選択

日本インカレ総合優勝記念ブログその2 [日本インカレ]

長距離チームの結果を振り返っての続きです。

1500m4位の佐藤優太。
コーチに徳本選手がついてまた一段と成長しているっぽい。
ラスト勝負もできるし、時計勝負もいける。この1500mに関しては相当の強さと自信をもっていることだろう。

さて、今後であるが、入学前~当初にかけては、中距離一本でいくのではないかと予想していたが、チーム状況や他の1年生の現状を考えると、やっぱり駅伝チームに参加するしかないようだ。
本人はどう考えているかは知らないが・・・。俺が、監督だったら、中距離一本に育てていくだろう。ただ、どれだけ長い距離に対応できていくかも見てみたい。今後に注目。

1500m11位の田中秀幸。
まぁ決勝に残れただけでもたいしたものだ、関カレ~合宿の期間の不調っぷりと比べれば。
予選のタイムも3分50秒台(組5位)のセカンドベスト?とまずまずだし、だいぶ復調の気配。
後は、佐藤優太同様、やっぱ距離だよなぁ。。。田中が1区を走れるくらいに成長してれば、かなり違う順大が見れるのだがなぁ・・・いやいや、今年は予選会が本番だったわ。予選会までに20kmに対応できるか?

以上、前回の菊池を合わせて1500m陣は現在の実力では100点満点の結果でしょう。


つづいて、3000mSCの須田。
昨年の日本インカレからずっと不調。この選手は、自分でもなぜ不調かわからない・・・みたいな選手じゃないかな。意外性のある選手。
今回も予選ではまずまずの走りで、突破。決勝では、スタートからずっと引っぱっていたせいもあるが、ラスト2週のペースアップに対応できずズルズル。6大学陸上では菊池をちぎって優勝だったらしいから結構期待していたが、まだ完全復調とはいかないようだ。箱根は戦力として考えてないでしょ、この選手は。だからたぶん予選会もエントリーしないんじゃないかな。「3障は順大の誇り」って菊池がインタビューで言ってたし、駅伝は無視して、来年は大学の3障は順大の須田を中心に。って言われるくらい成長してほしい。


3000mSC は菊池優勝+須田5位以内を予想していたので、今回は、70点くらいかな。


5000m。
山田らしさが出てたな。スタート~序盤、先頭集団。後、徐々に後ろへ。そのままゴール。
調子が上がっていただけに残念。ただ、この時期の5000mの結果はしょうがない。しかも最初の1周62秒って結構なペースだし。インカレの表彰台を夢見て順大に一般で入学してきた彼にとってこのインカレには強い思い入れがあったはず。もうちょっとトラックを重視できる環境にしてあげたかったね。ただ第三者的には、彼はここからが本番。予選会では、昨年の小野とまではいかずとも、最低山崎くらいの順位でゴールしないと箱根はない。是非とも頑張ってほしい。

5000mは厳しく、30点。


さて、最後10000m。
関戸のエントリーの時点で、8~9割方DNSだと思ってた。手術あけでいきなりインカレは無いと思っていたが、意外なことに途中までまずまずの走り。5000m付近まで、第二集団(たぶん6位くらいだったかな)についていた。その後は、走りこみ不足が顕著で、アップアップだったが、復帰第一戦としては、まずまずでしょう。欲を言えば、29分台で走れたら最高だったけど。。。さぁ、予選会。上記の山田と同じくらいでゴールしないと!

10000m、60点。


以上、日本インカレを振り返りました。
さて、いよいよ予選会まで残り1ヶ月。今年は、インフルエンザの関係で、エントリーが20名とのこと。
か~るくエントリー予想を。

[4]山田、関戸、村上、志賀、菊池
[3]岡部、琴岡
[2]越智、小高、田鎖
[1]山崎、堀、有馬、田中、佐藤、石井

ってあれ、1、2、3・・・・・15、16     ってあれ、15、16名しか浮かばん。

エントリーできそうなの20名いないよ。。。20km完走できそうなの10名いないよ。。。

木水~ 新井~ 的場~ 唐川~ な~に~し~て~ん~ね~ん~~~。



















全カレ総合優勝記念にブログ更新します。 [日本インカレ]

全カレ3年ぶり26回目の総合優勝です。

関カレからの変貌ぶりが凄かった、短中距離ブロック。それに比べて長距離ブロックは・・・。
まぁ例年に比べて長い距離を意識した練習しているらしいので、箱根予選会を1ヵ月後に控えたこの時期のトラック5000mや10000mはしょうがないかなぁ。特別に力があるわけじゃないしね。

それにしても、1年生の勢いがある。ハンマー優勝の知念、800m2位の岡、1500m4位の佐藤、競歩4位の南。特に800の岡はあの横田相手に本気で勝ちに行っている姿勢を感じた。最後の直線で横田の背中を必死に追いかける姿を見たとき、こういう経験が選手を伸ばしていくんだろうなぁと感じさせられた。

後は、ハンマー知念の安定感と勝負強さ。6回投げて1回のファウルを除いて全て60mオーバー。そして、最後の最後に逆転優勝。強さって安定感が生む賜物だという感じがした。特に試技数が決まっている競技は早い段階に良い記録を出しておかないと勝負にならないしね。

上記の人たちは来年以降も注目です。



で終わりにしようと思ったけど。。。やっぱり我が長距離ブロックもコメントしないとなぁ。。。

まず菊池。
1500m優勝と3000SCの全カレ4連覇。これには見事の一言。
「あとは、駅伝での活躍を」みたいなコメントが多いのだが、正直どうなんだろう?
久しぶりに走るフォームを見たら、腕の振りは以前に比べてかなり長距離に対応できそうな感じになっていた。でも、いきなり20Kmの予選会とはいけないだろうなぁ時間がないし。予選会はパスで、あっても本番の4区での出走かな。1年の佐藤と長いところの練習して良いほうを4区みたいな感じで。ただ、4区も距離が若干短いっつーだけで、コース的には小刻みな上下があって難関、”ただ単に距離に不安があるから4区”みたいな選手は撃沈する可能性大。自分の意見としては、菊池の箱根は見送りにしたいところです。
ただあの腰の位置の低さであのスピードとギアチェンジのキレ、改めてポテンシャルの凄さを感じた。

続いては・・・もう疲れたから後日で。


















メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。