So-net無料ブログ作成
検索選択

ありえん結果。 [箱根予選会]

見事に予選落ちしたな。

本当に腹の底からむかつく(怒)

52年というものの重みを感じないのだろうか。伝統というものを・・・。

まず監督が甘すぎる。いろんな情報を聞くけど、本当に甘いよ。今の子らに自主性なんか求めてもダメだって。

そこが、やっぱ駒澤との差でしょ。

前に、指導者がでしゃばらず自主性でやらせるのが、学生スポーツって書いたけど、それは最低限の仕事(箱根出場)をした上での話しだわ。。。

「春から長い距離を意識した練習をしてきた」でこの結果はマジひどい。15キロ以降の失速といったら他の大学の比じゃなかったね。

しかもこの選手選考って、明らかに距離の不安丸出しだよなぁ。走る前から黄色信号見えたし。

故障明けの関戸・的場・唐川、1年生3人(特に佐藤・田中)。


後日一人ひとりの結果を見て、またアップしたいと思うけどね。なんか疲れたわ・・・orz






日本インカレ総合優勝記念ブログその2 [日本インカレ]

長距離チームの結果を振り返っての続きです。

1500m4位の佐藤優太。
コーチに徳本選手がついてまた一段と成長しているっぽい。
ラスト勝負もできるし、時計勝負もいける。この1500mに関しては相当の強さと自信をもっていることだろう。

さて、今後であるが、入学前~当初にかけては、中距離一本でいくのではないかと予想していたが、チーム状況や他の1年生の現状を考えると、やっぱり駅伝チームに参加するしかないようだ。
本人はどう考えているかは知らないが・・・。俺が、監督だったら、中距離一本に育てていくだろう。ただ、どれだけ長い距離に対応できていくかも見てみたい。今後に注目。

1500m11位の田中秀幸。
まぁ決勝に残れただけでもたいしたものだ、関カレ~合宿の期間の不調っぷりと比べれば。
予選のタイムも3分50秒台(組5位)のセカンドベスト?とまずまずだし、だいぶ復調の気配。
後は、佐藤優太同様、やっぱ距離だよなぁ。。。田中が1区を走れるくらいに成長してれば、かなり違う順大が見れるのだがなぁ・・・いやいや、今年は予選会が本番だったわ。予選会までに20kmに対応できるか?

以上、前回の菊池を合わせて1500m陣は現在の実力では100点満点の結果でしょう。


つづいて、3000mSCの須田。
昨年の日本インカレからずっと不調。この選手は、自分でもなぜ不調かわからない・・・みたいな選手じゃないかな。意外性のある選手。
今回も予選ではまずまずの走りで、突破。決勝では、スタートからずっと引っぱっていたせいもあるが、ラスト2週のペースアップに対応できずズルズル。6大学陸上では菊池をちぎって優勝だったらしいから結構期待していたが、まだ完全復調とはいかないようだ。箱根は戦力として考えてないでしょ、この選手は。だからたぶん予選会もエントリーしないんじゃないかな。「3障は順大の誇り」って菊池がインタビューで言ってたし、駅伝は無視して、来年は大学の3障は順大の須田を中心に。って言われるくらい成長してほしい。


3000mSC は菊池優勝+須田5位以内を予想していたので、今回は、70点くらいかな。


5000m。
山田らしさが出てたな。スタート~序盤、先頭集団。後、徐々に後ろへ。そのままゴール。
調子が上がっていただけに残念。ただ、この時期の5000mの結果はしょうがない。しかも最初の1周62秒って結構なペースだし。インカレの表彰台を夢見て順大に一般で入学してきた彼にとってこのインカレには強い思い入れがあったはず。もうちょっとトラックを重視できる環境にしてあげたかったね。ただ第三者的には、彼はここからが本番。予選会では、昨年の小野とまではいかずとも、最低山崎くらいの順位でゴールしないと箱根はない。是非とも頑張ってほしい。

5000mは厳しく、30点。


さて、最後10000m。
関戸のエントリーの時点で、8~9割方DNSだと思ってた。手術あけでいきなりインカレは無いと思っていたが、意外なことに途中までまずまずの走り。5000m付近まで、第二集団(たぶん6位くらいだったかな)についていた。その後は、走りこみ不足が顕著で、アップアップだったが、復帰第一戦としては、まずまずでしょう。欲を言えば、29分台で走れたら最高だったけど。。。さぁ、予選会。上記の山田と同じくらいでゴールしないと!

10000m、60点。


以上、日本インカレを振り返りました。
さて、いよいよ予選会まで残り1ヶ月。今年は、インフルエンザの関係で、エントリーが20名とのこと。
か~るくエントリー予想を。

[4]山田、関戸、村上、志賀、菊池
[3]岡部、琴岡
[2]越智、小高、田鎖
[1]山崎、堀、有馬、田中、佐藤、石井

ってあれ、1、2、3・・・・・15、16     ってあれ、15、16名しか浮かばん。

エントリーできそうなの20名いないよ。。。20km完走できそうなの10名いないよ。。。

木水~ 新井~ 的場~ 唐川~ な~に~し~て~ん~ね~ん~~~。



















全カレ総合優勝記念にブログ更新します。 [日本インカレ]

全カレ3年ぶり26回目の総合優勝です。

関カレからの変貌ぶりが凄かった、短中距離ブロック。それに比べて長距離ブロックは・・・。
まぁ例年に比べて長い距離を意識した練習しているらしいので、箱根予選会を1ヵ月後に控えたこの時期のトラック5000mや10000mはしょうがないかなぁ。特別に力があるわけじゃないしね。

それにしても、1年生の勢いがある。ハンマー優勝の知念、800m2位の岡、1500m4位の佐藤、競歩4位の南。特に800の岡はあの横田相手に本気で勝ちに行っている姿勢を感じた。最後の直線で横田の背中を必死に追いかける姿を見たとき、こういう経験が選手を伸ばしていくんだろうなぁと感じさせられた。

後は、ハンマー知念の安定感と勝負強さ。6回投げて1回のファウルを除いて全て60mオーバー。そして、最後の最後に逆転優勝。強さって安定感が生む賜物だという感じがした。特に試技数が決まっている競技は早い段階に良い記録を出しておかないと勝負にならないしね。

上記の人たちは来年以降も注目です。



で終わりにしようと思ったけど。。。やっぱり我が長距離ブロックもコメントしないとなぁ。。。

まず菊池。
1500m優勝と3000SCの全カレ4連覇。これには見事の一言。
「あとは、駅伝での活躍を」みたいなコメントが多いのだが、正直どうなんだろう?
久しぶりに走るフォームを見たら、腕の振りは以前に比べてかなり長距離に対応できそうな感じになっていた。でも、いきなり20Kmの予選会とはいけないだろうなぁ時間がないし。予選会はパスで、あっても本番の4区での出走かな。1年の佐藤と長いところの練習して良いほうを4区みたいな感じで。ただ、4区も距離が若干短いっつーだけで、コース的には小刻みな上下があって難関、”ただ単に距離に不安があるから4区”みたいな選手は撃沈する可能性大。自分の意見としては、菊池の箱根は見送りにしたいところです。
ただあの腰の位置の低さであのスピードとギアチェンジのキレ、改めてポテンシャルの凄さを感じた。

続いては・・・もう疲れたから後日で。


















お久しぶりっす。

・・・2ヶ月ぶりです。

もうすぐ日本インカレです。なのでちょっと更新してみようかなぁと。

夏合宿を取材した某誌の中の仲村監督のコメントによると「全カレの対象者は1人だし、今後も箱根の予選会に向けた練習を続ける・・・」みたいな事が書かれてた。

?????

どういう意味だ?予選会メインなのは良いと思う、標準切れてない選手は。ただ、少ないながらも標準切れてる選手もいるはずだし、一人ってことねーだろ。俺の勘違いか?

1500mは菊池、佐藤はA切ってるはずだし・・・ 5000も10000もBなら切ってるのいるよね?

ただ心当たりのある選手はみんな故障中や故障明け、不調なんだよなぁ・・・。

・・・と言うことは、菊池・須田・佐藤あたりは、長距離ブロックと数えないで、対象者=5000mの山田(5000mで確か昨年春先に14分05秒台出してたはず)の一人ってことか?

う~ん。だったら微妙、山田ってとこが。正直今の順大で20km計算できるの山田と村上くらいだし、その山田が予選会の1ヶ月前に5000mに出場ってところで予選会にはマイナスだろうなぁ。

ホントどーなんだろ今年の予選会。正直かなりヤバいと思うけど。

参考として、合宿中に行われた(7/26)サフォークランド士別ハーフマラソン10Km の結果を。

①山田(30'31) ②堀(31'11) ③石井(31'14) ④琴岡(31'20) ⑤村上(31'29) ⑥田鎖(31'33)
⑦越智(31'37) ⑧志賀(31'56) ⑨佐藤(31'57) ⑩山崎(32'05) ⑪小高(32'23) ⑫有馬(32'38)
⑬仁木(32'40) ⑭岡部(33'23) ⑮田中(33'49)

関戸、木水、新井、的場、唐川あたりが出遅れ中かぁああああ。
少なくとも関戸・木水は予選会に間に合わせてもらわないと・・・まじで麗澤あたりにも負けちゃうよ(涙)

石井と田鎖が調子良いしこの二人がキーマンかなぁ。たぶん仲村のことだからこの手のタイプは予選会使わなそうだけどね。仲村監督って結構こういうところがある。Aチーム中のAグループっていう選手しか使わない。調子うんぬんじゃなくてポテンシャルだけで選んじゃうところが少なからずある。。。

あとはねぇ・・・山崎。常に堀の前にはいないとダメ。故障明けだから悪いのはわかるけどこんなレベルじゃダメだよ。

岡部・田中の豊川方面コンビもなぁ・・・こんな感じだと田中の予選会出場は厳しいか。

とりあえず予選会、今のところの予想を・・・

[4]山田・村上・志賀 (関戸・木水)
[3]岡部・琴岡 
[2]越智・小高
[1]堀・山崎・有馬 (石井・佐藤)

関戸・木水が間に合わなかったら石井・佐藤で。でもその時点でアウトだよ・・・orz













全日本予選会結果 [全日本予選]

やっちゃったねぇ~。いや~やっちゃった。

ありえね~。いや~ありえね~19チーム中17位。

好走したのが数週間前まで1500m主体で練習してた佐藤優太だけって。。。

正直恥ずかしいわOBとして。下に麗澤大と流経大だけしかいないってまじありえねーよ。

まず1組。
上記のとおり、佐藤は合格点を与えられる。80点です。10,000mの練習なんてあまりやってなかったはずなのに、あれだけ走れるってことはポテンシャルはかなり高いはず。しかも、徳本選手が専属のコーチになってくれてるみたいだから、一気に強くなるかもしれない。でも本職は1,500mだから駅伝はやらないのかな。1,500mで日本選手権でれる選手なんだから全日本予選でなんか力かりるなよ。
越智は成長してるのかしてないのか分からん。ちょっと期待してたのに、。ロードだともうちょっと頑張れるのだろうけどさ。。。40点です。

2組。
山崎が岡部とチェンジ。岡部60点。一桁順位に入らないと。。。持ちタイムはこの組ではかなり良いタイムだったんだし。
田中20点。一番の誤算。故障上がりなのか調子落としてたのかわからないが、大凡走。相変わらず好不調の波が激しい。フォームのせいだと思う。この選手、たぶん自分のペースで行けない今回の様なレースは弱いと思う。力をつけて自分でレースを作れるようになったら、かなり強くなれるタイプだと思うがねぇ。。。

3組。
序盤、有馬は積極性を見せてくれたが、村上は相変わらずのマイペース。完走が目標か(怒)
結局中盤~後半、有馬は潰れ、村上は有馬よりちょっと(3秒)先着。どっちが収穫ありますか?って話だわ。
2組終了時点+3組の中での自分たちの実力からしたら、予選突破がほぼ絶望的な状況でなんで村上みたいなレースをしてしまうんだろ。淡々と負けてきましたってゆーのが本当むかつく。
有馬50点。村上30点。

4組。
エースがいない。ってゆーか1組の二人と4組の二人がほぼ同タイムってなんなん。とくに山田。
3組の村上同様、突っ込んで入るわけでもない、キレのあるギアチェンジをするでもない、まじでなんなん。
去年の小野と山崎の走り見てたでしょ。特に、山崎なんか明らかに調子落としてたのに無理してつっこんで入って惨敗。終了後、号泣してた。そういう選手いないよねもう順大には。雨の日は嫌だもんね走るのさえ。
堀40点。山田30点。


総合的に見て、まじで弱すぎるよ。初めて見たこんな弱い母校。去年が底だと思ってたけどそれの倍以上ダメでしょこのチーム。監督批判はしないと決めたけど、決めたけど、決めたけど・・・


仲村、もうお前じゃムリだ


今年は、箱根はムリだね、たぶん。どうせ今後も例年同様の練習して合宿行って、調整力には自信ありますってアホみたいなこといって、あ~もうまじムカツク。すぐロードやれすぐに。もう日本インカレのためのトラック練習は以下の選手だけでいいから。

[1500]菊池・佐藤・渡辺
[5000]田中・山崎
[10000]関戸・山崎
[3000SC]菊池・須田・志賀

後の選手は箱根予選会まで、ずーーーーーーーーーーーっとロードやれ。
で、予選会は

集団走A:山田・関戸・村上・木水・的場・堀・山崎
集団層B:岡部・越智・小高・田中・有馬

はい、これでやって。

はい、適当。もう知らん。












全日本予選会 [全日本予選]

4%・・・現在の消費税よりやや少ないくらいでしょうか。今回の全日本大学駅伝の予選突破確率(悲)

エントリー
[4組]山田④ 堀①
[3組]村上④ 有馬①
[2組]田中① 山崎翔①
[1組]越智② 佐藤①
[OP]岡部③ 大池①

しかし、相変わらず主力は1年生か。。。そして突っ込みどころ満載なエントリーだわ。

では突っ込みどころ↓

まず、
「故障ですかぁ~?」グループの関戸・木水・的場。

結果を出せていない駅伝は別として、トラックでは安定感のある関戸がいないのは痛い。木水もスピードには欠けるが、10,000mのチーム戦となったらこのチームでは貴重な存在。的場は去年経験してるし、たとえ故障明けだとしても、それなりに戦えるのではと期待してただけに残念だ。(また故障かぁ?)とにかくこのグループのエントリー漏れは致命傷だった。

続いて
「その組ですかぁ~?」グループの堀・有馬・田中・山崎

4組に堀。・・・うれしい誤算といって良いのか?確かに四大では成績を残したが。。。自己ベスト更新に期待。
3組に有馬。これも予想外。でも岡部と入れ替わりの線も無くはない。でもそしたら1.2組には入ってるだろうからたぶん3組で走るのだろう。期待。
2組に田中・山崎。小野、山崎が4組、山田、関戸が3組で彼らが2組っつーのならわかるよ。でも小野、山崎いないし。だってこのあいだ卒業したから(笑)。最低でも3組で走らないとダメでしょ、この二人は。実績からしたら、今井・長門の1年のときのように二人して最終組でもおかしくないはず。余程調子が悪いのかな?山崎に関して言えば持ちタイム、チーム1でしょ。当日岡部とチェンジなのかな。早く復帰してほしいけど・・・。

最後に
「走るんですかぁ~?」グループの岡部・佐藤

スーパーサブ岡部?ないない。そろそろしっかり3組くらいで好走しろよなぁー。1年の春が一番良かったよ彼。どんどん悪くなってるし。。。今回ももし走ってもダメだろうなぁ。だって標準記録持ってるのに関カレ出れなかったくらいだから。ぶっちゃけ期待してません。
さて、サプライズは佐藤のエントリー。入学してから5,000mも走ってないのに、10,000m出る?1組だからってラストだけのスピードレースになるとは限らないし。まぁ8割方チェンジだろうけど去年の渡辺も10,000m走ってなくていきなり予選会だったっけか?としたら無くもないか。ちょっとだけ期待しちゃおうかな~。

全体的にこの組み分けって実は、6日に行われた記録会の順位そのものだったりして。もしそうだとしたら、あいかわらず村上は調子良いね。逆に田中は5,000mでずっとチーム1番だったのが、10,000mでは堀・有馬にも負けちゃうってことになっちゃうか?まぁ明の考えは基本的にわからないから何とも言えないけど、早く順大記録会の結果が知りたいっす。


4%・・・現在の消費税よりやや少ないくらいでしょうか。今回の全日本大学駅伝の予選突破確率(悲)

2回も同じこと書いちゃった。

関東インカレ後半 [関東インカレ]

結果から書くと、「残念」の一言だ~。

まず3000mSC。まさかの菊池転倒で最下位&須田ブービー(悲)。3障で得点できずとは~。

5000m。山田26位(14'27) 田中29位(14'38) 有馬31位(15'01) 参加しただけ。

ハーフ。村上20位(1'06'12) 小高30位(1'07'20) 越智31位(1'07'46) 参加しただけ。

特にハーフの2年コンビは順大スポーツwebで「他大の選手がゴール後倒れるような中、悠々とゴール・・・」って、ランニングじゃないんだから。。。弱いんだから、倒れるような頑張りを見せなきゃ。。。

長距離きついっす。まじこのままじゃきついっす。まじで・・・。総合優勝を逃したのも長距離のせいっす。

5000mだって、記録会でずっとトップ争いしてた山田と田中がこれじゃ(悲)
東海の早川5位入賞だよ、13分台だよ!!山崎、田中!意地を見せろっ!

全日本予選会も結果見るの怖いわっ。

復活遠し、箱根の名門。。。じゅ~んて~ん~ど~(泣)


関東インカレ前半 [関東インカレ]

エントリー

1500m 菊池・渡辺・佐藤
5000m 山田・田中・有馬
10000m 山崎
3000mSC 菊池・須田・志賀弟
ハーフ 村上・越智・小高

5000mの有馬が意外だったけど、その他はある程度想定の範囲内。
にしても、10000m一人ってさぁ。。。。しかも結果的に山崎欠場だしさぁ。

さて、前半の結果。

1500m 2位:菊池 9位:佐藤 10位:渡辺
10000m DNS:山崎
3000mSC 予1;菊池 予5:須田--通過--  志賀予選落ち

という結果。

菊池のインカレ貢献度は凄いものがあるなぁ。箱根走ってなくても、かなり大学に貢献してる。
4年間で何ポイントだ?凄いね~。ただ、本職の3000mSCは優勝は難しいかな、山梨学大の松本強いし。。。
佐藤や渡辺も絶好調ではない状態での決勝進出は評価できる。渡辺ももう一伸びかな。
10000mがなぁ。。。もともと1種類しか組みあわせがない(関戸・山崎・岡部)のに、その選手全てが出られないとはね。あと3000mSCの志賀はこんなに崩れるとは意外だった。


後半は、5000mに3選手、3000mSCに2選手、ハーフに3選手。

5000mは入賞確率は1%てとこか。かなり手ごわいエントリー。入賞は無理としても、全員14分一桁くらいの走りを見せて欲しい。有馬の自己新に期待かな。
3000mSCは菊池2位以内+須田5位以内を目標にしてほしい。なにげに総合優勝争いも須田の結果+800mの結果がキーポイントになりそうな気がする。
最後にハーフ。ここも入賞は難しい。ただ、仲村一押しの村上にちょっとだけ期待。15番くらいには入ってほしい。。。そして、越智はここが試金石。村上に大きく負けなければ、箱根予選会・本線出場が濃厚になるだろう。そして、小高。ここでダメなら1年生が成長するであろう(3年越しくらいの希望)秋にはBチーム降格も。。。奮起しろ小高!高校時代は越智クラスには簡単には負けなかったはず。

現在、筑波に数ポイント差(3P弱?)の総合2位。前述したとおり、須田と800m組(特にスーパールーキー岡に期待)の結果が大きなカギを握っていそう。ぜひ、優勝して、少しでもインカレポイントを・・・・。

平成21年度 第2回順大記録会 [記録会]

5月2日に行われた第2回順大記録会。関カレ前最後の記録会だったはず。

結果はともかく、佐藤優太、石井、的場が復帰。的場長かったなぁ。。。

↓主力の主な結果

1,500m
渡辺(3'54) 佐藤(3'57) 河原(3'59) 石井(4'00) 大住(4'11)

5000m
的場(14'44) 仁木(15'27)

10,000m
有馬(30'28) 大池(30'49) 越智(31'00) 田鎖(31'22) 小高(31'32) 仲間(31'34) 山崎論(31'43) 

3000mSC
須田(9'11) 志賀(9'14)

前述のとおり、復帰組のみなさん、復帰おめでとうございます。
佐藤は記録はまだまだだが、とりあえず関カレには間に合いそうだ。渡辺は相変わらず記録会は強いなぁ。石井も大学初戦としては、まずまずかな。大住も故障明けか?まぁ1年生はこれからかな。あと、河原ってゆー人知らない。

的場も半年振りのレースでこの結果ならまずまずかな。全日本予選にはばっちり合わせてほしい。なにげに鍵握ってそうだし。。。仁木がなぁ、調子上がってこないんだよなぁ。一押しなんだけどなぁ。。。

10,000mは順大勢が全体的に低調で法政、帝京に圧倒されてるし。そんな中で、有馬と大池がまずまず。特に有馬は1,500mから10,000m、いやもっと長い距離までいけそうでオールマイティー選手だ。有馬は今年中には30分は切れるだろう。ってゆー選手がここ2~3年、伸びないんだよなぁ。去年の小高や塩田のように。それにしても、2年生以上の学年がだらしない。

3障は特記事項なし。須田-志賀って順番見飽きたわもう。


関カレエントリー最終予想

1,500m   菊池・渡辺・佐藤
5,000m   関戸・山崎・田中 (関戸・山崎はDNSの可能性あり)
10,000m  関戸・山崎・岡部 (同上)
3,000mSC 菊池・須田・志賀
ハーフ    山田・村上・越智


やっぱ記録にこだわって試合に出場しないといけない時期も必要だな。10,000mなんかこの組み合わせしかないもんな~。

さぁー来週から関カレだ。がんばってちょ。




平成21年度四大学対抗(実は三大) [四大学対抗]

日体の大麻・偽札不祥事により三大に変更された今年の四大学対抗陸上。
一日雨で低温、低調な記録の中、結果総合優勝したけど、長距離は残念無念な結果。。。

まず1,500m。
 対抗戦 1位菊池(3'53'23) 5位渡辺(3'59'65) 
 OP      有馬(4'02'00)

菊池は貫禄勝ちだな。ただ、このあとの3障をDNFしたのがやや気になる。。。大事を取っての事だろう。
順大記録会で復帰した渡辺だが、このメンツでの5位は少し残念。記録も平凡だし、まだ完全ではないね。
有馬の記録も気象条件を考慮しても低調すぎる。ルーキー佐藤優太はいつ復活するのやら。

5,000m
 対抗戦 4位田中(14'40) DNS山崎翔太
 OP      大池(14'42) 岡部(14'52) 田鎖(14'58) 山崎論(15'10)

前回、前々回の順大記録会5,000mをちぎって勝った田中が、東海の早川・飛鳥、国士舘の伊藤らに、簡単に白旗。。。同じ1年生の早川に20秒離され敗北。はぁ~ガッカリですわ。言葉が無いッス。
山崎翔太もDNSってことは、故障上がりだからコンディション次第という条件だったのかな。早く復帰してほしい。
大池頑張ってるね、ここ3戦。今の1年生の状態なら3番くらいには入るんじゃないかな。
岡部は・・・ふぅ~。

10,000m

 対抗戦 2位堀(29'54) 5位山田(30'22)
 OP      村上(30'38) 越智(30'39) 塩田(31'14) 小高(31'16)

まぁ収穫があったとしたら、この10,000mの堀。東海の刀祢に軽くやられたが、2位と大健闘。残念だったのが、メンツ的にもコンディション的にも恵まれなかった為、あと5秒というところで関カレB標準を逃したこと。
山田もB標準狙っていったと思うのだが・・・調子悪いのかな、少し心配だ。
村上・越智は、30分~30分15秒くらいの力はついてきた。関カレハーフ・そして秋以降が楽しみだ。
塩田・小高は昨年のこの大会が二人とも30'33だから、コンディションを考慮しても劣化状態かぁ?しかし、本当頼むわ下級生、爆発的な成長をしてくれよぉ~~~!

3,000SC

 対抗戦 4位須田(9'16) 5位志賀(9'18)
OP      仁木(9'27) 堀(9'55)

前述したとおり菊池が途中棄権。大丈夫だと思うが・・・。
須田はどうなんだろう。山学:松本、中央:山下・棟方あたりはかなり手ごわそうだし、下手したら入賞すら危うい。まぁ関カレに合わせてるはずだし、今回の結果は度外視で。
志賀もなかなか須田を越せないなぁ。須田の調子がこんな時は先着しないと・・・お互いの為にならんよ。

さて、関カレまで3週間。のこすは、5月2日の順大記録会のみか。あのトラックでは、記録はあまり期待できないし(標準記録突破が・・・・)、故障者、不調者もいるし、今年の関カレはフルエントリーは厳しいのかな。そう考えると日体大記録会が無くなってしまっているのが、かなり痛手だなぁ。他の大学もそうだろうけど。

ここでまた関カレエントリー予想

1,500m 菊池・渡辺・有馬  佐藤は間に合わなそうだ(悲)
5,000m 田中・山崎      関戸も故障なのかな?
10,000m山崎・岡部      関戸故障?堀+山田が記録会でB標準いけるか?
3,000SC菊池・須田・志賀   仁木に期待していたが・・・この組み合わせしかない
ハーフ  山田・村上・越智  木水故障?

もし菊池が故障だったら・・・長距離ブロック関カレ0点の可能性が~~~~~~怖っ!!



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。